07/16
2024
Tue
旧暦:6月10日 先負 庚 
社会・全般
2010年11月11日(木)9:00

宮古では飛来初確認/迷鳥ハシボソガラス

宮古では初確認のハシボソガラス=4日、平良(撮影・伊良波彌)

宮古では初確認のハシボソガラス=4日、平良(撮影・伊良波彌)

 今月4日、平良に飛来していたカラスが、宮古では初確認の迷鳥ハシボソガラスであることが分かった。
 本紙の伊良波彌記者が写真に収めた。


 宮古野鳥の会の仲地邦博会長を通し、野鳥研究の権威組織である山階鳥類研究所(千葉県)に鑑定を依頼した。9日、研究所が「ハシボソガラスに間違いない」と同定した。


 ハシボソガラスは、日本では留鳥として九州以北に分布。沖縄本島では、数例が確認されている。

 ハシボソガラス(成鳥は全長50㌢)は、宮古や沖縄本島に分布する留鳥ハシブトガラス(同56㌢)と比べ、体が小さい。大きな違いは、くちばしが細い。

 宮古では、これまでハシブトガラス、迷鳥のミヤマガラス、コクマルガラスの3種が記録されており、今回のハシボソガラスの確認で4種となった。
 仲地会長は「宮古野鳥の会の記録に、1種追加された。うれしい」と喜んでいた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!