08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2010年11月11日(木)9:00

宮古では飛来初確認/迷鳥ハシボソガラス

宮古では初確認のハシボソガラス=4日、平良(撮影・伊良波彌)

宮古では初確認のハシボソガラス=4日、平良(撮影・伊良波彌)

 今月4日、平良に飛来していたカラスが、宮古では初確認の迷鳥ハシボソガラスであることが分かった。
 本紙の伊良波彌記者が写真に収めた。


 宮古野鳥の会の仲地邦博会長を通し、野鳥研究の権威組織である山階鳥類研究所(千葉県)に鑑定を依頼した。9日、研究所が「ハシボソガラスに間違いない」と同定した。


 ハシボソガラスは、日本では留鳥として九州以北に分布。沖縄本島では、数例が確認されている。

 ハシボソガラス(成鳥は全長50㌢)は、宮古や沖縄本島に分布する留鳥ハシブトガラス(同56㌢)と比べ、体が小さい。大きな違いは、くちばしが細い。

 宮古では、これまでハシブトガラス、迷鳥のミヤマガラス、コクマルガラスの3種が記録されており、今回のハシボソガラスの確認で4種となった。
 仲地会長は「宮古野鳥の会の記録に、1種追加された。うれしい」と喜んでいた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!