08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
環境・エコ 社会・全般
2011年1月9日(日)9:00

6年で1万8000本植栽/美ぎ島グリーンネット

初期の木は大きく育つ


第1回活動で植えた木は大きく育ち防風林の役目を果たしている=8日、狩俣間那津

第1回活動で植えた木は大きく育ち防風林の役目を果たしている=8日、狩俣間那津

 宮古森林組合のまとめによると2005年に活動を開始したボランティア組織「美ぎ島宮古グリーンネット」の昨年まで6年間の植栽本数は、1万8710に上った。面積は4万5924平方㍍。活動には延べ、2753人が参加した。初期のころの木は大きく育ち、畑地防風林の役目を果たしている。


 美ぎ島宮古グリーンネットは、生活インフラや農作物に甚大な被害を与えた台風14号(03年9月)をきっかけに、市民の手で台風に強い島を作ろうと発足した。

 第1回の活動は05年9月に狩俣の間那津で行われた。樹種(本数)はブッソウゲ(234本)、テリハボク(378本)、イヌマキ(94本)、シークワーサー(21本)。これらの木は現在2~3㍍に育ち、作物を風害から守っている。道路沿いではブッソウゲが花を咲かせ、目を引く。

 植樹と下草刈りなどを合わせた6年間の活動回数は、30回。場所は城辺保良、伊良部池間添、城辺吉田、上野宮国、下地積間、平良添道、同宮原、同大浦など広範に及ぶ。樹種は約35種類で、フクギやヤブツバキ、モクタチバナ、アダンなどなじみの木が多い。

 宮古森林組合の與那覇巖常務は「台風14号の記憶は、まだ新しい。ボランティアで活動している会員の島を思う気持ちはうれしい。もっと多くの市民に参加していただきたい」と呼び掛けた。

 1月7日現在の個人と団体を合わせた会員数は477。個人1口会費は年額2000円、団体が同1万円。会費は、苗代などに充てられている。
 問い合わせは美ぎ島宮古グリーンネット(電話0980・73・8191)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!