08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2011年1月20日(木)9:00

インフルエンザ患者急増/宮古保健所が注意報

うがいや手洗い呼び掛け


 宮古福祉保健所は19日、宮古管内でインフルエンザの患者が増えていることから、注意報を出して手洗いやうがいなどの予防を呼び掛けた。県は同日、流行警報を発令した。

県は流行警報発令

 今月10日~16日までの1週間の患者数は74人で一定点医療機関(宮古管内の定点医療機関は四つ)当たり18・5件となり、注意報基準値となる10件を超えた。ほとんどがA型で、重症者はいない。

 一方、県内での患者数は3205人で、一定点当たり55・26件となり、警報基準値の30件を大きく上回った。

 宮古福祉保健所に昨年10月25~今年1月16日までに報告された患者数は延べ330人。年代別では1~4歳が63人と最も多く、次いで20代56人、10代53人、30代48人と若い世代に多い。正月や成人式など、人の行き来が激しくなったことが要因と見られている。

 同所では今後、流行の恐れがあるとして、まん延防止のため手洗いやうがいの励行のほか、症状のある人は外出を控えるよう呼び掛けている。

 また、患者が宮古病院に集中すると、救急医療に支障が出るとして、インフルエンザの症状があれば、かかりつけの病院での受診を呼び掛けている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!