07/15
2024
Mon
旧暦:6月10日 先負 庚 
社会・全般
2011年2月7日(月)9:00

生徒が育てた野菜即売/上野中

格安ブーゲンビレアも人気


生徒たちが育てたブーゲンビレアや農産物が即売されにぎわいを見せた=6日、上野中

生徒たちが育てたブーゲンビレアや農産物が即売されにぎわいを見せた=6日、上野中

 上野中学校(下地玄幸校長)は6日、同校でブーゲンビレアと農産物の即売会を実施した。全校生徒102人で育てたブーゲンビレアと野菜などを販売。鮮やかな花や新鮮野菜が人気を呼び、大勢の人出で賑わった。


 ブーゲンビレアの即売は6回目。今年は、生徒たちが栽培した野菜を即売する「教育ファームまつり」と合わせて実施した。

 鮮やかな花を咲かせた鉢植えのブーゲンビレアが一鉢1000円。学校裏の畑から収穫したトウガンやキャベツ、タマネギ、ジャガイモ、レタスなどは100円と格安。「無農薬だよ。安いよ安いよ」「めっちゃおいしいよ」との生徒たちの声にも誘われて、飛ぶように売れていた。


 また、バザーでは収穫した農産物を食材にした豚汁やヒラヤーチーなどが売られ「栄養いっぱ

いでおいしね」との声が広がった。
 新城綾梨さん(3年)は「自分たちが肥料や水やりをして育てた花や野菜が売れるのはとてもうれしい」と笑顔だった。

 下地校長は「自分たちで作った農産物を自分たちで消費(食べる)するという『自産自消』につなげていければ」と話した。

 栽培管理を通して、健康と環境を考える機会や花いっぱいの地域づくりに貢献することなどが目的。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!