08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
政治・行政 社会・全般
2011年2月24日(木)9:00

予定地の土壌調査始まる/新ごみ処理施設

3カ所でボーリング実施


ボーリングを行う作業員ら=23日、市クリーンセンター西側

ボーリングを行う作業員ら=23日、市クリーンセンター西側

 新ごみ処理施設の予定地、市クリーンセンター西側で23日、土壌調査が始まった。3カ所でボーリングを実施し、土壌に含まれている物質を調べる。3月末までに調査結果をまとめ、県に報告する。現在実施中の環境影響評価(アセスメント)にも盛り込まれる。


 市環境施設整備室によると、土壌調査は昨年4月に改正された土壌汚染防止法により、県への報告が義務付けられた。

 予定地は以前、野焼きなどが行われていたため、有害物資の残留の有無などを調査する。内容は▽揮発性有機化合物▽重金属▽農薬▽ダイオキシン類-などとなっている。

 環境アセスの現地調査は昨年11月に終了し、現在は準備書の作成に入っている。4月には公告・縦覧および住民説明会を実施する予定。意見をまとめた見解書を作成し、審査会に報告する。

 7月からは評価書の作成を始め、審査会などを経て来年3月には公告・縦覧を行う。環境アセスに問題がなければ、同年4月から設計などの作業に入る。

 新ごみ処理施設の建設計画では、処理能力は1日(16時間稼働)63㌧。資源ごみなどの処理施設や展示室、視聴覚室などを設置するリサイクルプラザも併設する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!