07/12
2024
Fri
旧暦:6月7日 赤口 丁 

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2011年3月1日(火)23:30

小沢問題(行雲流水)

 「週刊朝日」は2月4日の増大号で小沢問題に関して「小沢強制起訴-やっぱりヘンだ」という特集記事を掲載している。検察が「起訴猶予」ではなく「嫌疑不十分」で2度不起訴にしたものを、検察審査会が2度目の議決で「強制起訴」したものである

▼元特捜部検事の高井康行弁護士は次のように述べている。嫌疑不十分というのは、検察官が証拠を精査した上で「証拠が足りない」と判断したもの。検察官がそう判断したものを、プロでない審査員が証拠を精査しないで有罪だというのは不合理である」

▼しかも、検察審査会が議決する際の「重要証拠」だった「元秘書の調書」の信ぴょう性が怪しくなっている。石川被告は事情聴取の際、「検察は、捜査情報をマスコミにリークしている」、「自分自身を守るために録音すべき」だとの佐藤優(作家・県紙に評論連載中)にすすめられて、供述の誘導・威圧の様子を録音していた

▼「起訴=即有罪」ではないことと、「法の下の平等」は法治制度の原則である。しかも、この場合「推定無罪」が言われている。それでも、野党だけでなく、与党も国民不在の「政局」のために「小沢」を利用している。亀井静香に「民主党の権力争いを見ていると連合赤軍を思い出す」と言われる始末である

▼政治家小沢はもとより、与野党も、国の立法・司法・行政の三権も、第四の権力と言われるマスメディアも国民の信頼を失っている

▼それぞれが初心にかえって、国民の厳粛な信託に応えてほしいと思う。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!