07/24
2024
Wed
旧暦:6月19日 赤口 己 
社会・全般
2011年3月13日(日)9:00

モズク網2000枚流出/狩俣漁業グループ

収穫目前、生産者落胆


今後の対応策などを話し合ったモズク生産者ら=12日、狩俣漁港

今後の対応策などを話し合ったモズク生産者ら=12日、狩俣漁港

 東北地方の三陸沖を震源とする巨大地震に伴う津波が宮古島まで押し寄せた影響で、狩俣漁業生産グループ(狩俣光男代表、会員約30人)の養殖糸モズク網約2000枚が流出していたことが12日、分かった。収穫寸前の被害に、生産者らは悔しさをにじませていた。津波警報発令の解除後、被害調査を実施し被害額を明らかにする。


 今期産は25人が参加し、1人当たりの養殖網数は120枚で計3000枚。今年に入ってから池間大橋東側の海域に種付け網を設置した。網は鉄筋杭を利用して張られた。

 生産者らは、宮古で11日午後7時34分に70㌢の津波が観測されたた時に被害は出た、とみている。

 養殖網約2000枚は鉄筋杭を抜き取る形で流れ、絡まりながら団子状に漂流。浮き球が付いている団子状の網は、大橋近くのサンゴ礁に引っ掛かり停止している。

 生産者らは「津波警報発令が解除された場合、付近の海域を航行する船は漂流網に注意してほしい」と呼び掛けている。

 狩俣代表は「糸モズクの収入減で、これからの生活は苦しくなる」と落胆の表情を見せていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!