12/03
2021
Fri
旧暦:10月29日 友引 乙 
社会・全般
2011年4月11日(月)23:30

県宮古農林水産振興センター所長/仲宗根 盛和さん(59歳)

農家の所得向上を支援


仲宗根 盛和さん(59歳)

仲宗根 盛和さん(59歳)

 1976年に県庁入り。初めての勤務先が宮古家畜保健衛生所だった。以来、35年ぶりの宮古島勤務となった。「宮古はそのころと比べ、圃場整備や農道、地下ダムなど、農業基盤整備が大きく進んだという印象が強い」


 農林水産振興センターは、農林水産整備課や農業改良普及課、家畜保健衛生所の3部署を統括する。

 宮古の農業はサトウキビ、肉用牛、葉タバコが中心。今後の課題に、この3品目に加えて、野菜や果樹をどう伸ばすかを挙げる。

 「高校生の民泊を受け入れている『さるかの会』のような産業の6次化(経営の多角化)も必要」と展望を示した。

 拠点産地認定品目のゴーヤー、カボチャ、トウガン、マンゴーは「全国に名が通り、ブランドになりつつある」と述べ、今後に向けては「反収、品質の一層の向上が、農家所得を上げることになる。そのための支援に、力を入れたい」と抱負を語る。

 仲宗根 盛和(なかそね・もりかず) 1951年生まれ。59歳。読谷村出身。琉大農学部卒。76年県庁入り。2004年、八重山農業改良普及センター所長、本庁の営農支援課長、県農業研究センター所長などを歴任。11年4月、県宮古農林水産振興センター所長に着任。趣味はスポーツ全般。座右の銘は「誠心誠意」。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!