08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2011年4月14日(木)22:45

宮古島市財政課長 比嘉 弘一さん(49歳)

財政健全化へ全力投球


比嘉 弘一さん(49歳)

比嘉 弘一さん(49歳)

 「宮古島市の財政は短期的には合併(特例措置)の(地方)交付税があるので大丈夫。交付税が切れる2016年度以降を見据え(伊川秀樹)前財政課長も取り組んできた健全化を引き続き推進していく」


 4月1日付で県から派遣された。辞令交付後、「宮古島は元気がある。その元気が続くよう支えられれば」。名護市出身だが、宮古島市への思いは熱い。

 市の財政は国、県に頼り、自主財源率が低いのが実情だ。「依存財源率が高いと、市独自の事業が思うように展開できない」。安定継続した財政運営へ、自主財源の確保が課題となっている。

 解決に向けた取り組みとしては、行財政改革の推進を挙げるが、まずは「職員一人一人が意識を持って取り組めば、成果は出てくる」

 モットーは「継続は力なり」。中学、高校は卓球部に所属。インターハイ出場の経験を持つ。

 比嘉 弘一(ひが・ひろかず)1961(昭和36)年12月24日生まれ。49歳。名護市出身。琉大法文卒。85年県土木建築部土木総務課採用。総務部財政課、企画開発部企画総務課、総務部東京事務所主幹などを歴任し、2011年4月、宮古島市総務部財政課長に就任。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!