07/15
2024
Mon
旧暦:6月10日 先負 庚 
社会・全般
2011年7月16日(土)9:00

ブーへの思いを作品に/川満信子さんが個展

初めての個展を開催している川満信子さん=15日、STUDIOゆい

初めての個展を開催している川満信子さん=15日、STUDIOゆい

 平良東仲宗根で工房「宮古袋もの」を開いている川満信子さん(80)の初めての個展ブー(チョマ)への思いがつむぎ出す作品展が15日、平良下里のSTUDIOゆいで始まった。今月24日まで開催する。宮古織りのシャツやバッグ、小物入れなど熟練の技で仕上げた作品約50点を展示・販売している。開催時間は午前11時から午後7時まで。


 川満さんは、長年にわたりブー績みや織り、染めの技術を磨き上げてきた。離島フェアなど各イベントに作品を出展し、内外で高い評価を得ている。

 個展会場には、特許を取得した「ハイビスカスの花弁を用いた染色方法」で染めた色鮮やかな作品が人目を引く。そのほか草木染めによるバッグや小物入れも複数展示されている。

 川満さんは「ゆいの小川京子さんの協力で個展を開催することができた。個展の日を迎えることができてうれしい」と感謝。「宮古のブーを何とか残していきたいという意気込みだけで続けてきた。これからもそういう気持ちで頑張っていきたい」と話した。

 個展の開催に向けて尽力した小川さんは「川満さんの技術、作品に感銘を受けたのが始まり。こんなに素晴らしい技術を持っている川満さんに光を当てて、人のネットワークをつなげていきたい。それが私にできること」と話し、個展開催による宮古織りなど伝統文化の広がりを期待した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!