08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2011年11月2日(水)9:00

飲酒運転根絶に決意/沖糖、宮糖が宣言

飲酒根絶宣言ののぼりを宮里会長(左から2人目)から受けた砂川専務(左)と安村社長(左から3人目)。右は島袋署長=1日、宮古島署

飲酒根絶宣言ののぼりを宮里会長(左から2人目)から受けた砂川専務(左)と安村社長(左から3人目)。右は島袋署長=1日、宮古島署

 宮古製糖の安村勇社長と沖縄製糖の砂川玄悠専務が1日、宮古島署で島袋令署長に事業所として「飲酒運転根絶宣言」をした。同席した宮古島地区交通安全協会の宮里敏男会長が「飲酒運転根絶宣言事業所」と書かれたのぼりを手渡した。宣言をした事業所はこれで149事業所、1881人になった。


 根絶宣言は▽酒を飲んだら絶対運転しない▽二日酔いになるまで深酒しない▽酒を飲んだ人が運転する車に絶対乗らない-など6項目。

 島袋署長は「飲酒運転の摘発数は増加し、悪い方向に進んでいるのが実情。摘発された件数の約4割が二日酔い運転というのが特徴。宣言をした人が飲酒運転は犯罪であると広く啓蒙することで、一件でも減少していくことを期待したい」と述べた。

 今年の飲酒運転摘発数は10月31日ですでに120件で、2010年1年間の112件、09年の61件と比べ大幅に増加した。

 飲酒根絶宣言をしたのは沖縄製糖と宮古製糖の城辺工場、伊良部工場、多良間工場の4事業所。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!