09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
教育・文化 社会・全般
2012年6月7日(木)9:00

ヒメジャコ稚貝200個放流/西辺中生徒

一つずつ穴に移植


生徒たちは稚貝を一つ一つ穴に入れネットをかぶせた=6日、狩俣集落西側地先の海岸

生徒たちは稚貝を一つ一つ穴に入れネットをかぶせた=6日、狩俣集落西側地先の海岸

 県栽培漁業センターと宮古島市によるヒメジャコ稚貝の放流体験学習が6日、西辺中学校(饒平名和枝校長)の全校生徒42人が参加して、狩俣集落西側地先の海岸で、「第32回全国豊かな海づくり大会~美ら海おきなわ大会~」の関連事業として、行われた。


 この日放流されたのは昨年4月に誕生し約1㌢まで成長したヒメジャコの稚貝およそ200個。潮間帯の岩場に直

放流されたヒメジャコの稚貝

放流されたヒメジャコの稚貝

径、深さ共に1・5㌢ほどの穴を開け、一つずつ稚貝を入れて、波や潮による流出を防ぐためネットをかぶせた。

 稚貝は5~6年ほどで約8㌢まで成長し放卵できる親となる。8㌢以下のヒメジャコと、放卵する6~8月の採捕は県漁業調整規則で禁じられている。

 友利祐華さん(3年)は「こんなに小さな貝が、硬い貝殻なのに、自分の力で5年くらいで大きくなるのはすごい」と稚貝を手に話した。

 放流体験学習に先立ち、同校で県栽培漁業センターの岩井憲司主任研究員が水産生物の種類やヒメジャコの生態、海の資源保全などについて講話を行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!