07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
社会・全般
2013年11月16日(土)9:00

広域公園事業が始動/検討委員会発足

候補地9カ所を提示/来年度内に基本計画策定


公園候補地などを確認した宮古広域公園計画検討委員会=15日、県宮古合同庁舎

公園候補地などを確認した宮古広域公園計画検討委員会=15日、県宮古合同庁舎

 宮古地区における広域公園事業が動き出した。宮古広域公園(仮称)計画検討委員会(委員長・池田孝之琉球大学名誉教授)の第1回会議が15日、県宮古合同庁舎で開かれ、候補地として狩俣、荷川取、野原、下地島など計9カ所が提示された。同委員会は来年3月末までに基本構想を取りまとめ、2014年度内に基本計画を策定する。スポーツ、観光、防災の機能を有した公園づくりに向けて多角的な検討を進める。


 委員会で提示された候補地は▽狩俣▽間那津▽荷川取▽大野越▽野原▽前浜▽保良東▽牧山▽下地島-の9カ所。委員らは14日、宮古本島内の複数の候補地を視察して回った。

 15日の会議では視察結果と事務局の説明を受けて意見を交わした。事務局は候補地の地形や特徴を説明した上で、▽観光・レクリエーション▽スポーツ・運動機能▽防災機能▽環境・景観への配慮-の点から各候補地の利点を挙げた。

 委員で熊本県立大の蓑茂壽太郎客員教授は、「どんな公園にするのか、9カ所もある候補地の中でどこを選ぶのか、非常に難しいテーマだ」と徹底した議論の必要性を強調し、「1カ所に絞るのではなく、飛び地でも良いという議論は展開できないか」と述べ、柔軟な発想に伴う積極的な議論のあり方を提起した。

 これに対して複数の委員が理解を示した。池田委員長は観光、防災、スポーツなど各分野の機能を一つにまとめる際の地理的な限界を指摘。複数の場所に整備する案をはじめ、「現在の公園の活用も含めて検討しても良い」と述べた。

 候補地は次回以降の委員会で選定する。次回は来年1月に開催し、今年度最後の委員会は3月に開いて基本構想をまとめる。

 公園計画検討委員会委員は次の通り。

 委員長=池田孝之(琉球大名誉教授)▽副委員長=蓑茂壽太郎(熊本県立大客員教授)▽委員=下地芳郎(琉球大観光産業科学部教授)林優子(名桜大国際学群准教授)内間仁春(沖縄観光コンベンションビューロー常務理事)砂川恵助(宮古島商工会議所専務理事)池間隆守(宮古島観光協会専務理事)▽行政委員=髙村幸夫(沖縄総合事務局開発建設部 公園・まちづくり調整官)當銘健一郎(県土木建築部長)長濱政治(宮古島市副市長)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!