10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
社会・全般
2014年2月22日(土)9:00

島シャツの魅力紹介/地域雇用創造協

宮古空港で成果品展示


観光客や市民に島シャツの魅力を紹介する「成果品展示会」=21日、宮古空港

観光客や市民に島シャツの魅力を紹介する「成果品展示会」=21日、宮古空港

 宮古島地域雇用創造協議会(会長・長濱政治副市長)の島シャツ商品化販路開拓事業の一環で成果品展示会が21日から宮古空港で始まった。23日まで。展示会では宮古上布の材料である苧麻を用いた島シャツが展示され今後、夏の定番アイテムとしての商品化に向けてその魅力を市民や観光客にアピールする。また、期間中に商品開発に活用するためのアンケート調査も行う予定だ。

 オープニングセレモニーで、同協議会の砂川恵助理事は「宮古島ブランドとして島シャツが島内外に認知されるためこれからも取り組みを続けていく。今回の展示会でその魅力をアピールし今後、さらに素晴らしい商品を開発するためにしっかり取り組んでいきたい」と意気込みを示した。

 展示されている商品は、苧麻と綿を混ぜたジーンズや苧麻20%と80%のシルクの混紡糸によるワンピースなど10点で、一部には宮古上布の生地も一部活用されている。

 商品化に向けては、その工程のほとんどを機械で行うことによりコストダウンを図り、新たな技術開発や商品化によるビジネススタイルの構築を図りながら宮古島ブランドの確立をも目指している。

 展示されている涼しげな商品に訪れた人たちは、生地の肌触りなどを確認しながら一つ一つの商品に見入っていた。

 この取り組みは、苧麻を活用した波及効果として、紡糸原料の買い取りによる生産者離れの解消、生産量の拡大や伝統工芸品の付加価値の向上など、地域の観光振興や雇用創出につなげるための活動として展開している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!