07/14
2024
Sun
旧暦:6月9日 友引 己 
社会・全般
2014年7月9日(水)9:00

「肉、卵、チーズを主食に」

肥満、糖尿病改善で提唱/渡辺信幸さん


講師の渡辺信幸さん

講師の渡辺信幸さん

 「日本人だからこそ『ご飯』を食べるな」の著者で知られる医師の渡辺信幸さん(医療法人沖縄徳洲会こくらクリニック院長)の医療講演会(主催・裸足ランニングショップ)が6日、市中央公民館で開かれた。渡辺さんは自身の経験や主食を卵にして糖尿病が治ったお年寄りを紹介し「肥満や糖尿病の原因は糖質の取りすぎ。炭水化物を控えて肉や卵、チーズを主食にすれば糖質摂取を簡単に減らすことができる」と語った。

 講演で渡辺さんは「太る原因は糖質だけで、これを減らすことでダイエットになる」と話した。

 また、「食べ物を口に入れたら30回はかむこと」と述べ「カムカムダイエット」を勧めた。

 「米」と「糖」の漢字の由来を示し「米は砂糖と同じ」ことや、人類は狩猟生活から農耕生活に移っていったこと、肉食禁止の思想が根付いた日本、日本人が取ってきた穀類と野菜を主とした質素な食事などをスライドで紹介。「われわれの体は肉食でできている。高血圧は肉が不足しているから」などと持論を展開した。

 病気にならない健康な体をつくるためには肉や卵、チーズ中心の食事をすることが大事」と渡辺さん。沖縄のソウルフードといわれる「ポーク卵」は栄養学的に素晴らしい食べ物だと説明した。

 会場には、女性を中心に幅広い年齢層の人たちが参加。渡辺さんのユーモアあふれる口調や身ぶり手ぶりの話に聞き入っていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!