10/03
2022
Mon
旧暦:9月8日 仏滅 己 
社会・全般
2014年12月15日(月)9:00

おいしく食べて長生き/透析食クッキング&セミナー

西岡医師(宮古病院)が講話


参加者たちは食材や栄養について学びながら透析食づくりに挑戦した=14日、ゆいみなぁ

参加者たちは食材や栄養について学びながら透析食づくりに挑戦した=14日、ゆいみなぁ

 「楽しく作って、おいしく食べて長生きできる透析食」をテーマに透析食レシピクッキング&セミナー(主催・バイエル薬品など)が14日、市働く女性の家(ゆいみなぁ)で開催された。セミナーでは、講演と調理実習が行われ、透析食を健康食と位置づけて食材や栄養の知識を得ながら食生活のストレスをなくして楽しく過ごすことが呼び掛けられた。

 開会のあいさつでは、全国腎臓病協議会の宮本陽子理事が「透析食を健康食として考えてほしい。きょうは宮古島の食材をふんだんに使った料理が紹介されるので楽しみながら学んでほしい」と呼び掛けた。

 講演では、宮古病院の西岡典宏医師が「透析患者に必要なリンの知識」の演題で講話した。

 西岡医師は、高リン血しょうは、動脈硬化などの病気を増やすことから、リンを適切な値に保つことが長生きの秘けつで、治療のためにはリンの多い食事を知って摂取しすぎないようにし、内服を守ることなどを呼び掛けた。

 講演後は、「宮古島食材を使って透析食を作ろう」をテーマに調理実習が行われ、自らも人工透析を受けている管理栄養士の野嵩正恒さんがミニ宮古そば▽変わりおにぎり▽宮古島野菜のかき揚げ-などの作り方を紹介した。

 また、ミニ宮古そばは、高校生カフェ「んまがぬ家」で提供されている宮古そばを透析食にしたレシピが紹介された。

 参加者たちは、リンの基本的な知識と日常生活の中で自らの血清リン値をコントロールすることの大切さ学びながら、調理実習では楽しみながら透析食づくりに挑戦した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!