09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
教育・文化 社会・全般
2015年2月19日(木)9:00

「ホーイホーイ」と厄払い/国の重要無形民俗文化財

上野野原で「サティパロウ」


パーントゥの面をかぶった子供を先頭に子供や女性たちが集落を練り歩いた「野原のパーントゥ」=18日夕、上野野原集落

パーントゥの面をかぶった子供を先頭に子供や女性たちが集落を練り歩いた「野原のパーントゥ」=18日夕、上野野原集落

 上野野原集落に古くから伝わる厄よけのための祭祀(さいし)「サティパロウ(里はらい)」が旧暦12月最後の丑(うし)の日に当たる18日に行われた。パーントゥの仮面をかぶった子供を先頭に、頭と腰にクロツグとセンニングサを巻いた女性たちが集落内を練り歩き厄をはらった。

 野原のサティパロウは1993年、島尻のパーントゥとともに国の重要無形民俗文化財に指定されている。

 午後6時ごろに古井戸「ニーマガー」を出発した集団は、子供たちが鳴らす太鼓の音に合わせ「ホーイホーイ」と唱えながら集落内を歩いた。

 女性たちは2列になり、両手に持ったヤブニッケイの小枝をすり合わせながら続いた。

 交差点では女性たちが子供たちを囲むように円陣を作り、「ウルウルウル-」と叫んで厄をはらった。

 昨年に続きパーントゥ役を務めた伊藤琉陽君(小4)は「仮面は木の匂いがする。昨年もやったので緊張していない」と話した。

 パーントゥは仮面(鬼面)であり、お化け、鬼神を意味しているといわれている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!