02/09
2023
Thu
旧暦:1月19日 先勝 戊 
社会・全般
2015年4月3日(金)9:00

延べ1万1500人余利用/14年度市伊良部公民館

大橋開通など要因、2年ぶり増


地域住民の利用が高い市伊良部公民館=2日、伊良部

地域住民の利用が高い市伊良部公民館=2日、伊良部

 市伊良部公民館の2014年度利用者総数は延べ1万1593人で前年度より610人増えた。2年ぶりの増加。地域の敬老会と伊良部大橋開通日に開催された祝賀会が総数を押し上げる要因となった。

 伊良部の人口は約5400人で、1人当たりの利用は約2回。同公民館では「大ホールでの祝い事が利用者増加につながった。今後とも利用増に向け取り組みたい」と意気込む。

 大きなイベントでは主催者が大ホールを借り切るのが多い。また別室をフラサークル、太鼓サークル、大正琴サークル、古典・三味線サークルなどの講座で利用している。また実習室、会議室、高齢者子供交流室、視聴覚室などが併設され、利用目的は多種多様。

 14年度利用状況の月別で最も多かったのは9月で大ホール利用者が延べ1880人。主な内訳は、敬老会の参加者約1400人、古希祝賀会の参加者約400人。次いで1月で大ホール利用者が延べ1500人。主な内訳は、伊良部大橋開通開通記念祝賀会の参加者約1400人。

 大ホールでの年度利用者は延べ8005人で全体の69%を占めた。次いで和室でのサークル利用者延べ1826人、会議室の利用者延べ505人の順となっている。

 高齢化社会が進む中、今年度も古希祝賀会の利用が期待されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月9日(木)9:00
9:00

島の魅力を子々孫々まで/サスティナブルツーリズム連絡会

宮古観光持続へ「約束」策定/島人、旅人、事業者に協力要請   持続的な宮古島観光の実現を目指し、昨年5月に発足した「宮古島サスティナブルツーリズム連絡会」のガイドライン策定発表記者会見が8日、市役所で行われた。会見では座喜味一幸市長ら関係機関の代表が…

2023年2月9日(木)8:58
8:58

Wサーフィン国際大会が開幕

パリ五輪採用のiQフォイル/前浜で5日間最終日に決勝   2024年パリ五輪に採用されたウインドサーフィン競技「iQフォイルクラス」の国際大会「2023iQフォイルゲームス#1・ミヤコジマ・アイランド・ジャパン/iQフォイル・オール・ジャパン・チャン…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!