07/15
2024
Mon
旧暦:6月9日 友引 己 
社会・全般
2015年12月27日(日)9:03

頭も心もぽかぽかに

入院患者に手作り帽子贈る/宮総実ボランティア部など


宮総実ボランティア部員らから寄贈された手作りの「ハッピーキャップ」=25日、宮古病院

宮総実ボランティア部員らから寄贈された手作りの「ハッピーキャップ」=25日、宮古病院

 宮古総合実業高校ボランティア部(宮平望美部長)、乳がん患者の会「まんま宮古」(深澤麗子会長)、がん患者を支援している「ゆうかぎの会」(真栄里隆代代表)の3団体は25日、タオルを使って作った帽子「ハッピーキャップ」53個を、宮古病院の入院患者に贈った。生徒たちが「暖かい冬を過ごしてほしい」と手渡すと、病院スタッフは「すてきなクリスマスプレゼントになります」と感謝した。

 手作り帽子の寄贈は、化学療法を受けるがん患者がつらい治療を乗り越えてほしいとの願いが込められており、今回で4回目。帽子を通してみんなが幸せな気持ちになり、がん患者への支援の輪が広がっていくことも目的にしている。

 帽子の材料となるタオルを集め、購入し、生徒たちが裁断。まんまの会とゆうかぎの会が縫って作成した。生活福祉科1年生がメッセージカードを、2年生はラッピングを担当。帽子への飾り付けは全員で行った。

 贈呈式が宮古病院であり、代表して宮平さんが「入院中の患者さんたちに、暖かい冬を過ごしていただけたらと思います」と話し手渡した。

 同病院看護部長の本村悠子さんは「毎年、患者さんたちに喜ばれています。大事に使います」と礼を述べ、お返しとして生徒たちにお菓子をプレゼントした。

 手作り帽子は、汗を良く吸収し、汚れたら洗濯機で洗えるのが特徴。色や飾りにも気を使っていることから「かぶっているだけで気持ちが明るくなり、ハッピーになれる」(まんま宮古)という。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!