07/15
2024
Mon
旧暦:6月10日 先負 庚 
社会・全般
2016年9月16日(金)9:05

子供たちが踊って厄払い/シーシャガウガウ

道行く人たちが「シーシャガウガウ」の口に小銭を入れて子供たちを喜ばせた=15日、平良西里通り

道行く人たちが「シーシャガウガウ」の口に小銭を入れて子供たちを喜ばせた=15日、平良西里通り

 「十五夜」(旧暦8月15日)の15日夕、平良地区では子どもたちが手作りの獅子(方言名・シーシャ)で獅子舞を踊る「シーシャガウガウ」の光景があちこちで見られた。踊りながら厄払いをして大人たちから小銭や菓子の褒美をもらう、十五夜恒例の行事で、観光客も「可愛い」と大喜びだった。

 手作りで個性豊かなシーシャをかぶり、「シーシャーガウガウ、商売繁盛」などと口々に叫んで、家々や事業所などを回り即席の踊りを披露。踊り終わると獅子の口をぱっくりと開けて褒美をねだった。

 棚原凛さん、川満るねさん、川満千亜妃さん(共に小学5年生)は、西里通りでシーシャガウガウを披露。棚原さんの妹ゆわさん(6)が作ったという段ボール箱の顔と、紙コップの目を付けたシーシャで観光客の笑顔を誘った。

 棚原さんは「運動会の練習が忙しくて、シーシャーガウガウの練習はしなかった」とぶっつけ本番だったが、道行く人たちからは「面白い」「上手」と評判だった。

 目標額は2000円で「妹の誕生日プレゼントを買いたい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!