07/14
2024
Sun
旧暦:6月9日 友引 己 
社会・全般
2017年5月10日(水)9:02

戻った歓声、集落に活気/平良福山地区

子どもイベント盛況


スイカ割りを楽しむ子どもたち。楽しい時間を過ごした=5日、福山公民館

スイカ割りを楽しむ子どもたち。楽しい時間を過ごした=5日、福山公民館

 「子どもの歓声でにぎやかに」--。平良福山の住民有志が5日、子ども祭りを開いた。ここを古里とする複数の親子が訪れて、プールで水遊びをしたり、スイカ割りをしたりして笑顔を振りまいた。普段は静かな集落に、十数年聞こえなかった子どもたちの歓声が戻った。

 福山から地元西辺小学校に通う児童はゼロ。自治会長の砂川寛裕さんによると年ほど前からいないという。「みんな市内に住んでいるから」そんなふうにして寂しくなった集落。「一日でもいいから子どもたちの歓声を呼び込もう」と砂川さんら住民有志が今回の祭りを企画した。

 当日の5日。子どもたちは公民館の中庭に準備されたビニール製のプールに入って大喜び。スイカ割りにも挑戦した。

 地域住民も続々と公民館に集い、お酒を酌み交わしながら子どもがいる集落の再現を喜んだ。

 砂川さんは「子どもの笑い声、泣き声が集落に響いたと思う。こんなに子どもがはしゃぐ声を地域の皆さんも久しく聞いていないはず。たまにはこうして子どもの声でにぎわいたい」と喜んだ。

 祭りの運営に関わった砂川さんの長男・裕喜さんは「子どもたちが日焼けするぐらいに遊んでくれた。近隣住民の皆さんに喜んでもらえたことがうれしい」と笑った。



記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!