07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
社会・全般
2017年6月26日(月)9:05

サガリバナ並木彩る/平良添道

香りと美しさで魅了


訪れた人たちは、日が落ち周囲が暗くなってから幻想的な花を咲かせるサガリバナに魅了された=23日、平良西仲宗根の添道サガリバナ群生地

訪れた人たちは、日が落ち周囲が暗くなってから幻想的な花を咲かせるサガリバナに魅了された=23日、平良西仲宗根の添道サガリバナ群生地

 平良添道のサガリバナ群生地をライトアップする宮古島環境クラブの第6回「添道サガリバナ夜のお花見」が23日に始まった。初日から多くの市民や観光客が訪れ、夜に花を開き、周囲に甘い香りを漂わせるサガリバナを観賞した。訪れた人たちはライトアップされた幻想的な空間で夜咲き誇るサガリバナを満喫した。ライトアップは来月2日までの10日間。

 サガリバナは夜になって咲き始め、朝になるとその花を落とす。今が開花の時期で、毎年多くの市民や観光客が訪れて一晩しか咲かない美しくもはかないこの花に魅了されている。

 ライトアップは、宮古島の自然と環境に理解を深めてもらおうと宮古島環境クラブが企画。昨年は10日間で5617人が訪れた。

 群生地は、平良西仲宗根にある福祉施設「ふれあいの里」を右手に見て北向けに進行、左の脇道に入って案内に従いながら進めばサガリバナ並木に着く。

 甘い香りに包まれた並木道で、訪れた人たちは5~10㍍ほどの木から地上に垂れ下がるように咲くサガリバナの花に見入っていた。

 東京から観光の途中で訪れたという大浦由紀子さんと上野智美さんは「群生したサガリバナを見るのは初めて。とても幻想的で想像していたよりも美しいので感動している」と笑顔で話した。

 期間中のライトアップは毎晩午後7時30分から同9時30分まで。問い合わせは同クラブの下地さん(電話080・1773・1080)まで。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!