09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
社会・全般
2018年2月5日(月)8:57

緑の街角賞に荷川取さん/市民運動実践協グリーン部会

樹木と植物の調和が巧み


第35回「緑の街角賞」に選ばれた荷川取さんの庭(写真提供・3市民運動実践協議会グリーン部会)

第35回「緑の街角賞」に選ばれた荷川取さんの庭(写真提供・3市民運動実践協議会グリーン部会)

 市民の庭造りを評価して緑豊かな街づくりにつなげる第35回「緑の街角賞」(主催・宮古島市市民運動実践協議会グリーン部会)の審査結果の発表が3日、市みどり推進課であり、最高賞の「緑の街角賞」には荷川取秀一さん(平良東仲宗根)の庭が選ばれた。盆栽仕立ての色とりどりの樹木や、草本植物の調和が取れていることなどが評価された。

 緑化推進賞には川満昭男さん(平良東仲宗根)、植栽努力賞には福嶺雅春さん(平良西里)、緑の生垣賞には名嘉真清美さん(上野)がそれぞれ選ばれた。

 荷川取さんは1990年にアイデア賞を受賞。同部会の友利吉博部会長は「丹念に細かく手入れが行き届いている。塀が高く、外から庭を見ることはできなかったが、樹木が成長し、今では通りからも見られるようになった」と話した。

 審査は昨年12月10日と17日の2回行われた。同部会のメンバーが各地の家を一軒一軒回り▽樹木がよく成長し見栄えある庭造りをしているか▽気候風土や地域性に留意した緑づくりをしているか▽雑草の処理など日々の手入れが行き届いているか▽周辺の景観と調和した庭(緑)づくりをしているか-など10項目で審査した。

 友利部会長は全体の講評として「丹念に手入れをしている庭が多く見られた。『好きこそ物の上手なれ』を地でいっている感じ」と話した。

 「周囲からは35回も開催していることから『もうネタ切れではないのか』などと言われるが、そうでもない。若い夫婦が郊外に移り住んで、庭づくりに励んでいる。数年すれば、受賞候補に上がってくる」と期待した。

 友利部会長は、受賞宅の周辺が相乗効果で緑が増えていることや、トライアスロン大会が近づくとコース添いを花で彩っていること、市みどり推進課が草花などを安価で提供していることを上げ「緑の創出に、市民の意識が高まっている」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!