07/17
2024
Wed
旧暦:6月12日 大安 壬 
社会・全般
2018年12月19日(水)8:56

イタチザメなど7匹捕獲/池間島

駆除展開、最大3・7㍍


親子連れが訪れサメの解体を見学していた=16日、池間漁港

親子連れが訪れサメの解体を見学していた=16日、池間漁港

 池間島の漁師で組織する池間漁業集落(仲間章代表)は16日、フデ岩沖でサメ駆除を実施した。イタチザメなど7匹を捕獲し、総重量にして約500㌔あった。最大は全長3・7㍍、重さ約250㌔あり、漁師らも驚いた様子で見入っていた。

 離島漁業再生支援交付金事業で実施。今年度のサメ駆除は2回計画し、この日が初回。漁師12人が参加し、漁船3隻に分乗し取り組んだ。

 サメ捕獲用のはえ縄は15日、神島後方の沖に位置するフデ岩の沖に仕掛けた。16日午前、はえ縄を引き揚げた。

 池間漁港にはサメの捕獲情報を聞き付けた住民らが集まった。解体されたサメは、住民らに無償で提供された。

 サメ駆除に参加した仲間会長は「池間の漁師は、高級魚のマチ類などを釣る。しかし、食い付いた魚を引き寄せる際にはサメに食いちぎられ、魚の頭部だけ残される。サメによる被害は大きい。毎年サメ駆除は実施したい」と話した。

 山口修さん(62)は「サメ駆除で魚を水中から引き揚げる際の被害が減る。サメ駆除は継続が必要だ」と訴えた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!