06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
社会・全般
2011年1月25日(火)9:00

「懸命に生きること」大事/池間哲郎さん講演

貧困国の子どもたちの現状紹介


講演する池間哲郎さん

講演する池間哲郎さん

 宮古島市上野出身でNPO法人アジアチャイルドサポート代表理事池間哲郎さんの講演会が23日、マティダ市民劇場で行われた。ごみの山で生きる子どもたちや親のために売られていく娘たち、マンホールに住む子どもたちなど、アジアの貧しい国々に住む幼い子どもたちの現状を紹介。「どんなに苦しくても一生懸命に生きていることを知ってほしい。貧しい国の子どもたちを助けるということではなく、最も大切なボランティアは自分自身が一生懸命に生きることだ」と訴えた。


 演題は「懸命に生きる人々~日本人こそ学んで欲しい~」。講演で池間さんは、フィリピンやカンボジア、ミャンマー、モンゴルなどで暮らす子どもたちの様子を写真や映像で紹介した。

 栄養失調で腹が膨れた子どもや体のあちこちに傷があり膿が吹き出ている子ども。それでも「家族が幸せであればそれで良い」「学校に通い勉強したい」と笑顔を見せる子どもたち。フィリピンのごみ捨て場で暮らしている少女は「私の夢は大人になるまで生きること」、カンボジアの少年は「一度で良いからお腹いっぱいご飯を食べてみたい」と話したという。

 「貧しい国に日本の若者たちを連れていくと『俺が助けてやる』『俺が解決してやる』などと叫ぶ人が多いが、とんでもない」と池間さん。「毎日生きるか死ぬかの生活を乗り越えてきた人たちの心は、私たちよりもはるかに上」と述べ、相手を尊敬することが大切だと呼び掛けた。

 「最も大切なボランティアは自分自身が一生懸命に生きることだ」と強調。これは自分の体験から学んだことと言い「自分自身が一生懸命に生きれば、自分と相手の命の尊さが分かる。真剣に生きる人だから相手の痛みや悲しみも胸に伝わってくる。これは国際協力あるいはボランティアだけでなく、人生すべてに通じることだ。私は本気でそう思う」と語った。

 同講演会は、2010年度地域人権啓発活動活性化事業で、市と宮古地区人権啓発活動地域ネットワーク協議会が主催した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!