07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
環境・エコ
2011年2月26日(土)9:00

E3持続可能な供給を/宮古島プロジェクト合同委

12年度、走行車両3000台へ


会議では事業の進ちょく状況などが報告された右は奥島室長=25日、下地農村改善センター

会議では事業の進ちょく状況などが報告された右は奥島室長=25日、下地農村改善センター

 2010年度第2回宮古島プロジェクト推進委員会合同会議が25日、下地農村改善センターで開かれた。同会議で、エコ燃料実用化地域システムについて、りゅうせきバイオエタノールプロジェクト推進室の奥島憲二室長は「糖蜜からのエタノール製造過程で、有価成分を抽出し、ポリフェノールなど生理活性成分の商品化などを含めた複合的な事業を展開することで、持続可能なE3、E10を普及させなければならない」と事業全体の展望を述べた。


 また「今年度はE3燃料の実車走行車両数の目標を2000台とし、来年度は3000台まで伸ばしたい」と全島E3化に向けての取り組みを説明した。

 糖蜜からバイオエタノールを精製する過程で発生する発酵残さ酵母や蒸留残さ液の利活用について、農家などと協力し効果を検証している。

 奥島室長は「ホウレンソウやチンゲンサイなど葉野菜については09年度の研究で、10倍に稀釈した蒸留残さ液を与えると生育にかなり良好な効果があった」と発表した。

 さらに、畜産についても現在、発酵残さ酵母の飼料化について検証中で「酵母飼料でのブランド豚の事業化も支援している」と与那覇地区での検証経過を紹介した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!