07/15
2024
Mon
旧暦:6月10日 先負 庚 
環境・エコ
2011年2月26日(土)9:00

E3持続可能な供給を/宮古島プロジェクト合同委

12年度、走行車両3000台へ


会議では事業の進ちょく状況などが報告された右は奥島室長=25日、下地農村改善センター

会議では事業の進ちょく状況などが報告された右は奥島室長=25日、下地農村改善センター

 2010年度第2回宮古島プロジェクト推進委員会合同会議が25日、下地農村改善センターで開かれた。同会議で、エコ燃料実用化地域システムについて、りゅうせきバイオエタノールプロジェクト推進室の奥島憲二室長は「糖蜜からのエタノール製造過程で、有価成分を抽出し、ポリフェノールなど生理活性成分の商品化などを含めた複合的な事業を展開することで、持続可能なE3、E10を普及させなければならない」と事業全体の展望を述べた。


 また「今年度はE3燃料の実車走行車両数の目標を2000台とし、来年度は3000台まで伸ばしたい」と全島E3化に向けての取り組みを説明した。

 糖蜜からバイオエタノールを精製する過程で発生する発酵残さ酵母や蒸留残さ液の利活用について、農家などと協力し効果を検証している。

 奥島室長は「ホウレンソウやチンゲンサイなど葉野菜については09年度の研究で、10倍に稀釈した蒸留残さ液を与えると生育にかなり良好な効果があった」と発表した。

 さらに、畜産についても現在、発酵残さ酵母の飼料化について検証中で「酵母飼料でのブランド豚の事業化も支援している」と与那覇地区での検証経過を紹介した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!