06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2011年6月7日(火)9:00

肉用牛は1万7300頭/家畜飼養頭数10年末

母牛淘汰で2年連続減少/戸数は大幅増の1277戸


 県宮古農林水産振興センター(仲宗根盛和所長)は6日、宮古島市と多良間村で飼育されている家畜や鶏などの頭羽数(2010年末現在)を発表した。肉用牛は前年比653頭(3・6%)減の1万7313頭。頭数は2008年の1万8094頭をピークに2年連続減少した。同センター家畜保健衛生課の慶留間智厚課長は先行きについて「前年と比べた子牛競り値の上昇は明るい材料。今後の増頭に期待している。一方、飼料価格の高止まりが懸念される」と話した。


 飼養頭数減少の要因には、老齢母牛の淘汰を挙げた。淘汰に見合う代替牛がなく頭数を減らしているという。

 一方、飼養戸数は市役所の調査方法の変更に伴い、大幅増(同比戸増)の1277戸となった。新規農家は、9人だった。

 従来戸数は牛舎単位に数えていたが、今回から兄弟2人が同じ牛舎に飼育している場合は、2戸と数えるようになった。

 ヤギの飼養戸数は前年比39戸(15・9%)減の206戸。頭数は1566頭で同比127頭(7・5%)減った。特に多良間村で123頭(12・9%)減少した。原因は、今後調査する。

 豚は戸数13戸(同比3戸増)、頭数が963頭(同比10頭増)。市内で遊休化していた豚舎に就農した農家があり、増加に転じた。

 採卵鶏は戸数が同比10戸(20・4%減)の39戸。小規模農家が高齢化に伴い辞めた。羽数は3万1793羽で、同比458羽(1・4%)減った。

 乳用牛の戸数は1戸で、増減なし。頭数は168頭で、同比16頭(8・7%)減少した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!