07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
スポーツ 教育・文化
2010年8月19日(木)14:10

本村さん、本番へ最終調整/中学女子砲丸投 

最終調整に余念がない本村夏鈴さん。全国優勝に向け士気を高めている=18日、市陸上競技場

最終調整に余念がない本村夏鈴さん。全国優勝に向け士気を高めている=18日、市陸上競技場

宮古初の全国優勝に期待「14㍍投げV狙う」
  20日開幕の全国中学校陸上競技選手権大会女子砲丸投げに多良間中3年の本村夏鈴さんが出場する。九州大会では13㍍29を投げ全国ランキングで上位に付ける本村さん。優勝すれば宮古地区では初の快挙となる。本番に向けて最終調整に入っている本村さんは「優勝を狙いたい。そのためにも14㍍台を目標にしている。多良間島や地域の皆さんの応援に応えたい」と話し、士気を高めている。

 
 本村さんが出場する女子砲丸投げは23日に行われる。午前9時40分から予選、午後1時30分に決勝。予選通過ラインは13㍍が予想されており、投てき3本の中で13㍍オーバーが必要になりそうだ。
 九州大会を制覇している本村さんだが、全国では「関東に強豪がひしめく」と指導者の手登根隼人教諭は警戒する。「14㍍を投げる選手が何人かいる。当然だが九州より厳しくなる」と分析、上位に入るためには「14㍍台の記録は最低必要になるだろう」と話した。
 本村さん自身、14㍍超えは九州大会前の練習で1度記録した。手登根教諭は「14㍍を投げる力はある。あとはその日の体調、投てきのタイミングだ」と事前の準備に万全を期しているという。

 
 調整は順調で、練習でも13㍍50超えを連発している。大会に向けて手登根教諭は「全国という雰囲気にのまれないこと。自分を見失わず、闘志を高めていけば14㍍台に届く」とした上で、砲丸サークルに入れば強気な投てきを見せる本村さんの精神面に期待する。
 本村さんは少し照れながらも「やっぱり優勝したい」と明確な目標を掲げる。「応援してくれる人のためにも14㍍を投げたい。負けたくない」と話した。

 
 砲丸投げを本格的に始めたのは今年1月に入ってから。手登根教諭の指導を受けてからは1週間で50㌢ずつ記録を伸ばした時期もあるという。多良間島で発掘された女子陸上競技における“原石”の挑戦が始まる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!