07/16
2024
Tue
旧暦:6月11日 仏滅 辛 
イベント
2012年5月7日(月)9:00

自慢の歌声を披露/こいのぼりフェス

ちびっこのど自慢など満喫



こいのぼりが泳ぐ下で水遊びに歓声を上げる子どもたち=5日、うえのドイツ文化村

こいのぼりが泳ぐ下で水遊びに歓声を上げる子どもたち=5日、うえのドイツ文化村

 うえのドイツ文化村こいのぼりフェスト2012(主催・同村イベント実行委員会)が3~6日までの4日間、同村の野外特設会場で開かれ、大勢の家族連れと観光客らでにぎわった。「こどもの日」の5日は、子どもたちが主役の「なりきりちびっこのど自慢大会」が催され、子どもたちが大好きな歌を披露。観客らは、健やかな成長に大きな拍手を送りたたえていた。



 のど自慢大会のアトラクションでは、下地の入江保育園の園児たちが元気いっぱいの踊りを繰り広げ、盛り上げた。また、みやこ少年少女合唱団がピンクのTシャツで着飾り「マルマルモリモリ」を合唱。息の合った伸び伸びとした歌声が観客らを魅了した。




 下地敏彦市長は「きょう(5日)は、子どもたちが、楽しい遊びができる。6日も遊びに来てください」とあいさつ。宮古島観光協会の豊見山健児会長は「主役は子どもたち。これからもみんなで健やかな成長を見守ってください。観光客は、宮古島の旅が良い思い出になるよう願っている」と述べた。


 特設ステージでは、子どもたちがソロやデュエットで自慢の歌を歌い上げた。趣向を凝らしたかわいい衣装、帽子をかぶり黒いサングラスを掛けた男の子、菓子の入った袋をいくつも腰に巻き付けた女の子たちが出演し、スター気分で歌っていた。


 審査委員長の大森幹夫さんは総評で「衣装やパフォーマンスがすごかった。今年は非常に盛り上がった」と高く評価した。


 会場の一角には出店が並び、かき氷コーナーでは列ができるほど大盛況だった。移動遊園地の体験コーナーは順番待ちの子どもたちで人気を博していた。


 のど自慢大会の結果は次の通り。
 【ベストシンガー賞】=下地ひかり【ベストドレッサー賞】=古波蔵ちむ【ベストパフォーマンス賞】=友利きらら・友利れいら【ドイツ村賞】=久貝のあ・当真りおん


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!