07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
産業・経済
2012年7月13日(金)9:00

イモ生産組合員144人に/ペースト工場に安定供給へ

産業化へ明るい展望


 市が8月の「宮古島市いも生産販売組合(仮称)」の設立に向けて、6月29日を締め切り日に公募した組合員は144人に上った。今年3月の公募説明会に参加した70人の倍以上に増え、栽培機運の盛り上がりが数字に表れた。栽培面積は現状よりかなり増えるとみられ、産業化へ明るい展望が開けた。


 生産販売組合は、組合員の生産したイモ(紫イモ)を買い上げて、ペースト製造工場(市委託施設)に販売する組織。栽培技術のマニュアル化などにも取り組む。

 ペースト製造工場は5月末に完成した。現在は生産性向上のため、イモのカットや真空パック機械化の準備を進めている。

 工場の1日当たり処理能力は16㌧、年間に4800㌧。販売先は、大規模コンビニチェーンや、商社などを予定している。

 商品開発室で、開発製造した菓子は本土のデパートにも販売。開発した商品の製造技術は、市内の製菓業者にも提供する。

 栽培品種は加工に向く「ちゅら恋紅」と「V4(宮古-島紫)」に絞った。村吉順栄・市農林水産部次長は、イモは台風・干ばつに強く、周年栽培が可能な作物と、普及推進の理由を強調する。ブランド化に向けては、「日本最古のイモの伝来地」を売り込む。

 2021年度の目標には生産量2520㌧、販売額3億7800万円を示している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!