09/29
2023
Fri
旧暦:8月14日 先負 己 
産業・経済
2012年8月8日(水)9:00

共済加入牛 年間577頭死亡/11年度宮古地区

胎児・子牛75%占める/事故低減し農家所得向上へ


総会では事故低減のための勉強会を実施する方針が示された=7日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

総会では事故低減のための勉強会を実施する方針が示された=7日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 県農業共済組合の家畜共済加入牛のうち、2011年度に宮古地区で事故死した牛は577頭に上ったことが、7日の宮古郡家畜損害防止対策協議会(渡真利等会長)の総会で報告された。宮古家畜市場の1カ月分の上場頭数に匹敵する。渡真利会長は「12年度は事故低減を図り、農家所得を向上させるため勉強会を実施する」と方針を示した。


 死亡牛の成牛、胎児・子牛別内訳は胎児・子牛が437頭と多く、全体の75%を占めた。死因は肺炎や下痢、虚弱などがほとんどという。成牛が140頭(24%)だった。

 共済加入牛に占める死亡牛の割合を示す被害率は2・8%。07年度(2・2%)から3年連続伸び続け、10年度は3・1%に達した。11年度は、前年度と比べ0・3ポイント低下した。

 宮古の年間死亡牛頭数は共済に加入していない牛も含めると、1000頭に上ると推測されている。

 県と共済組合は、子牛の肺炎や下痢予防のためにワクチンや駆虫薬の経費を助成している。負担割合は県が3分の1、共済組合3分の1、残りが農家負担。宮古家畜診療所(電話72・7113)で受け付けている。

 宮古郡家畜損害防止対策協議会は、口蹄疫などの海外悪性伝染病の侵入防止や家畜の事故低減などを目的に、2000年9月に発足した。

 渡真利会長は、口蹄疫は近隣諸国で今なお続いており、いつ侵入してもおかしくない状況と指摘。今後とも「毎月20日の消毒の日を励行する必要がある」と強調した。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年9月24日(日)9:43
9:43

【宮古島スイーツ】濃厚チーズテリーヌ!イメージは宮古の海!

【宮古島スイーツ特集】 #宮古島 には #スイーツ がいっぱい!探して見つけてハッピーに♪ #宮古毎日新聞 のホームページで 宮古島内のスイーツを紹介する特集コーナー! 記者が実際に店舗を訪ね、イチオシスイーツの魅力を聞きました! 今回は宮古島市平良西里の「チ…

2023年9月21日(木)8:56
8:56

上演中にせりふ字幕表示へ/多良間八月踊り

会場に大型モニター設置   22日から3日間、多良間島で開催される国指定重要無形文化財の「八月踊り」。今年は22日と23日の上演中、大型モニターを会場に設置して演者のせりふを現代語訳してリアルタイムで表示する。 これにより組踊りのストーリーを分かりや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!