07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
政治・行政
2012年11月1日(木)9:00

65歳未満新規就農者対象に支援/宮古島市・多良間村

限度額800万円を補助/来年度から導入


 県は65歳未満を対象に農業技術の習得から、農地確保や初期投資までを支援する「新規就農一貫支援事業」を開始した。農業機械の購入費などに充てる初期投資の補助率は80%で、800万円が限度。県農林水産振興センター農業改良普及課が10月29日、多良間村で事業概要を説明した。事業の利用相談は、宮古島市農政課と多良間村村づくり課の窓口で受け付けている。


 事業費は、一括交付金を活用する。2012年度の事業予算は5億2000万円を計上した。事業期間は2012年度~21年度までの10年間。同事業を利用した新規就農者の育成は年間に300人、10年間で3000人を目標にしている。

 宮古島市と多良間村は、今年は農家の要望を聞いてそれに基づいて予算を組み、年度から導入する。

 同事業は、農家の高齢化が進み、農村生活の維持が懸念されている中で、担い手を確保し、農村の活性化を図る狙いで取り組む。定年した人の農業参入支援も視野に入れた。

 初期投資はトラクターや選別機械、ビニールハウスなどの機械や施設が支援対象となる。助成対象要件には①就農5年未満で年間の農業従事日数が150日以上②年齢がおおむね65歳未満③農地を取得または賃借する見込みがある④耕作面積が30㌃以上⑤年間175万円以上の農業所得を目標とする改善計画が見込まれる者-などを示す。

 宮古島市、多良間村ともに農地確保は、農業委員会と連携して取り組む。宮古島市の場合、新規就農の相談はコーディネーターを配置して対応する。研修生の受け入れ農家には市、村ともに助成金を交付する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!