08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
産業・経済
2012年12月5日(水)9:00

城辺で葉タバコ播種式/13年産

農家、関係者ら豊作祈願


来賓らが種をまき13年産葉タバコ栽培のスタートを飾った=4日、城辺葉たばこ育苗ハウス

来賓らが種をまき13年産葉タバコ栽培のスタートを飾った=4日、城辺葉たばこ育苗ハウス

 城辺地区の2013年産葉タバコの播種式(主催・城辺葉たばこ生産振興会)が4日、JAの城辺葉たばこ育苗ハウスで行われ、農家や関係者らが健全な苗の生産と豊作を祈願した。10㌃(約1反)当たりの生産目標は226㌔、同販売額が45万円。耕作面積が206・7㌶(208・4町)。今期は、41戸の農家で9億3000万円の総販売額を目指す。


 あいさつで、池田盛健振興会長は、目標達成に決意を新たにした。

 県たばこ耕作組合の砂川栄一組合長は、「宮古の葉タバコの品質は、全国でもトップ。城辺の昨年の1戸平均販売額1870万円も、全国1位に間違いない。今期は反収を増やし、2000万円を達成してほしい」と鼓舞した。

 上地廣敏市農林水産部長は、播種した苗が無病で健全に育ち、13年産が豊作になるようにと祈念した。

 岡村幸男JAおきなわ宮古地区本部長は(代読)は、育苗にしっかり取り組み、良い苗に育て上げたい考えを強調した。

 佐和田英喜城辺葉たばこ青年部長の音頭で「ガンバロー」を三唱。最後は砂川組合長ら来賓が、種をまき13年産葉タバコ栽培のスタートを飾った。

 県葉たばこ耕作組合によると、宮古6地区合計の13年産葉タバコの耕作面積は586・6㌶で、前年と比べ15・5㌶増えた。耕作者は、前年と同じ139人。

 地区別の面積と人員は平良61・1㌶(16人)、城辺206・7㌶(41人)、下地133・2㌶(31人)、上野117・2㌶(28人)、伊良部46・9㌶(14人)、多良間21・4㌶(9人)となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!