08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
教育・文化
2012年12月17日(月)9:00

島への熱い思い語る/「時の眼写真展」関連シンポ

伝統と文化の継承誓う


「みゃーく文化を見つめ直す~次代へ」をテーマに行われたシンポジウム=16日、城辺公民館

「みゃーく文化を見つめ直す~次代へ」をテーマに行われたシンポジウム=16日、城辺公民館

 14日から開催している「時の眼-沖縄 比嘉豊光・山城博明写真展」in宮古島(主催・同宮古島実行委員会)の関連企画シンポジウムが最終日の16日、写真展会場の城辺公民館で開催された。


 シンポジウムは、「復帰40年 みゃ-く文化を見つめ直す~次代へ」をテーマに比嘉さんのほか、宮古郷土史研究会の宮川耕次さん、下地恵子さん(のーがらーやー)の3人をパネリストに迎え、同研究会の下地和宏さんがコーディネーターを務めた。

 パネリストからは「この写真展に展示されている写真の場所も撮影された時代から今では大きく変化している。いろいろなものが変化していく中でその写真を見ながら未来を考えることが大切」や「島が変化していく中で、宮古の観光の振興や開発をどう考えるかについていろいろな人の考えを聞いてそれを共有したい」などの意見が出された。

 参加者たちは、いろいろな変化に伴い、大切な文化が壊されていく現状に危機感を募らせながら、受け継がれてきた伝統、文化をこれからもしっかり継承していくことの大切さを確認しあった。

 会場に訪れた人たちは、宮古の祭祀や生活を記録し続けた比嘉さんの神秘的な写真や城辺出身の報道カメラマンで、現在も写真家として活躍する山城博明さんの復帰前後からこれまでの沖縄の歴史の写真に見入りながら、シンポジウムの内容にも聞き入っていた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!