07/12
2024
Fri
旧暦:6月7日 赤口 丁 
スポーツ
2013年2月17日(日)9:00

千葉ロッテマリーンズ宮古出身2選手 開幕1軍へ照準/石垣キャンプ大詰め

伊志嶺 紅白戦出場/川満 直球に磨き


初紅白戦で順調な仕上がりをアピールした伊志嶺選手=16日、石垣中央公園野球場

初紅白戦で順調な仕上がりをアピールした伊志嶺選手=16日、石垣中央公園野球場

 【石垣市】石垣市で行われているプロ野球、千葉ロッテマリーンズの春季キャンプもいよいよ大詰め。16日には今キャンプ初の紅白戦も行われ、宮古島市出身の伊志嶺翔大選手は7番センターで先発出場し順調な仕上がりをアピールした。下地出身で2012年ドラフト2位の川満寛弥投手は、感触を確かめながらブルペンで投球練習に励んだ。同球団は1日から石垣中央公園野球場(石垣市登野城)で1軍選手46人が精力的に練習メニューをこなしてきた。石垣島のキャンプは19日まで。


 伊志嶺選手は16日の紅白戦で4打数1安打1四球の成績。四回に左翼前安打で出塁すると持ち前の俊足を生かし盗塁を決め、首脳陣にアピールした。

 伊志嶺選手は「今年は絶対にやってやるという思いが強い」と、昨年けがに泣いた悔しさをバネに今キャンプに臨

感触を確かめながら投球練習をする川満投手=16日、石垣中央公園野球場

感触を確かめながら投球練習をする川満投手=16日、石垣中央公園野球場

んでいる。

 「打撃もバランス良く力強く振れてきているし、体調面も順調」とキャンプの成果を話す。

 11年新人としては01年の赤星憲広以来10年ぶりとなる30盗塁を記録。今季は「し烈な外野守備争いに勝ち1軍定着と、盗塁の成功率向上を目指す。数字は自ずとついてくる」と目標を語った。

 同じ宮古島市出身の川満投手の加入について「後輩なので、お互い切磋琢磨して、同じグラウンドでプレーすることが宮古島のファンへの恩返しになると思う」と話した。

  ◇  ◇  ◇

 川満投手は16日、ブルペンでしなやかなフォームから繰り出される伸びのある直球を中心に、変化球の制球を確かめながら55球を投げ込んだ。

 肘の張りを感じ投球練習を5日間ほど控えていた。15日からブルペンに入った。「調整に少し遅れが出た。直球を磨くことを主体にこれからさらに取り組む」と話し、変化球の制球については「大分まとまってきている。開幕まではまだ日があるので、実戦やブルペンでしっかり調整していきたい」と焦りはない。「開幕1軍を目指し、そこから波に乗り、チームにとっても自分にとっても良い成績を残したい」と力強く語った。

 宮古島のファンには「伊志嶺さんも同じ宮古島出身。2人でロッテを盛り上げて、それが宮古島の活性化にもつながれば良いと思っているので、応援よろしくお願いします」と話した。

 伊志嶺 翔大(いしみね・しょうた) 1988年5月12日生まれ。平良出身。沖縄尚学高校-東海大-千葉ロッテ。2011年ドラフト1位で入団。右投げ右打ち。背番号5

 川満 寛弥(かわみつ・ひろや) 1991年3月4日生まれ。下地出身。宮古総合実業高-九州共立大。2012年にドラフト2位で入団。左投げ左打ち。背番号36


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!