08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
産業・経済
2013年3月9日(土)9:19

株出し管理機の活用を/利用促進で実演会

さとうきび技術員会



株出し管理機の実演会で性能を確認する関係者=8日、沖糖圃場

株出し管理機の実演会で性能を確認する関係者=8日、沖糖圃場

 2012年度「さとうきび株出し管理機実演会」が8日午後、県農業研究センター宮古島支所隣の沖縄製糖圃場で行われた。生産農家や関係団体の職員が管理機の性能などを確認し、利用の促進に向けて決意を新たにした。宮古地区で稼働する株出し管理機は、今期50台に達する見通し。



 実演会は宮古地区さとうきび技術員会が主催。宮古地区における今後の株出し面積の増加を見込み、管理機の性能を広めて利用を促進することが狙い。


 実演に先立ち、技術員会の東江賢次会長が「一昨年は11%だった宮古地区の株出し面積が今期は19%超えの見通し」と説明。「増産に向けてはしっかりと株出しをしていくことが求められる。そのためには株ぞろえ、施肥、根切りの管理が必要になる」と述べ、理解と活用を促した。


 この後、メーカーが株出し管理機を説明。株ぞろえと施肥、除草剤、薬剤散布と四つの作業を同時にこなす性能を紹介した。


 実演に入ると参加者は管理機の動きにくぎ付け。株出し管理を終えた部分の圃場にも目を凝らし、管理機の性能を確認していた。


 株出しを促進する関係団体は、株出し管理のポイントとして▽しっかりと圃場を選ぶ▽収穫後は早めに施肥する▽茎数確保-などを挙げる。圃場は植え付け時にプリンスベイトを使用した圃場が適切とし、施肥については「収穫後の株は疲れている」とし、一週間以内に肥料を与えるよう呼び掛けている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!