07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
産業・経済
2013年3月9日(土)9:19

株出し管理機の活用を/利用促進で実演会

さとうきび技術員会



株出し管理機の実演会で性能を確認する関係者=8日、沖糖圃場

株出し管理機の実演会で性能を確認する関係者=8日、沖糖圃場

 2012年度「さとうきび株出し管理機実演会」が8日午後、県農業研究センター宮古島支所隣の沖縄製糖圃場で行われた。生産農家や関係団体の職員が管理機の性能などを確認し、利用の促進に向けて決意を新たにした。宮古地区で稼働する株出し管理機は、今期50台に達する見通し。



 実演会は宮古地区さとうきび技術員会が主催。宮古地区における今後の株出し面積の増加を見込み、管理機の性能を広めて利用を促進することが狙い。


 実演に先立ち、技術員会の東江賢次会長が「一昨年は11%だった宮古地区の株出し面積が今期は19%超えの見通し」と説明。「増産に向けてはしっかりと株出しをしていくことが求められる。そのためには株ぞろえ、施肥、根切りの管理が必要になる」と述べ、理解と活用を促した。


 この後、メーカーが株出し管理機を説明。株ぞろえと施肥、除草剤、薬剤散布と四つの作業を同時にこなす性能を紹介した。


 実演に入ると参加者は管理機の動きにくぎ付け。株出し管理を終えた部分の圃場にも目を凝らし、管理機の性能を確認していた。


 株出しを促進する関係団体は、株出し管理のポイントとして▽しっかりと圃場を選ぶ▽収穫後は早めに施肥する▽茎数確保-などを挙げる。圃場は植え付け時にプリンスベイトを使用した圃場が適切とし、施肥については「収穫後の株は疲れている」とし、一週間以内に肥料を与えるよう呼び掛けている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!