08/09
2022
Tue
旧暦:7月12日 赤口 甲 
産業・経済
2013年4月1日(月)9:00

モズク収穫本格化/宮古島漁協

1億6000万円の販売目指す


選別作業を行う職員たち=31日、宮古島漁協処理加工施設

選別作業を行う職員たち=31日、宮古島漁協処理加工施設

 2012-13年期産モズクの収穫が、本格化した。宮古島漁協の処理加工施設に搬入される量は、多い日では約10㌧。今月中旬からピークに入り、1日に20㌧入荷する日もあるという。同漁協の今期の販売は850㌧、約1億6000万円を目指す。


 県産モズクは5年ほど前から生産過剰になり、値を下げた。その後、漁協は県モズク生産協議会の協議に基づいて生産調整を続け、価格を徐々に回復。今年以降は一定量を限度に、キロ当たり120~130円で買い取ることになったという。

 今期は、県の流通条件不利性解消事業で、船舶輸送の場合キロ当たり35円以内の補助金が出ることも明るい材料になった。

 処理施設では31日、7人の職員がモズクの洗浄・選別作業に追われた。雑草を丁寧に除去するなど、品質管理を徹底している。

 今年のモズクは、こりこりの食感が良く、まずまずの品質。収穫は5月末ごろまで続く。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!