07/06
2022
Wed
旧暦:6月8日 先勝 庚 
政治・行政
2013年6月15日(土)9:00

「村政継続」か「刷新」か

多良間村長選あす投開票

 【多良間】任期満了に伴う多良間村長選は16日投票され、即日開票される。立候補しているのは現職の下地昌明氏(61)=無所属、自民、公明推薦=、前副村長で新人の伊良皆光夫氏(58)=無所属。両陣営とも選挙運動最終日の15日夜は、支持者らを最大動員して打ち上げ式を行い、5日間の選挙戦を締めくくる。有権者数は907人(男性490人、女性417人)。期日前投票は14日までの3日間で559人となり、全有権者数の61・63%。前回同期に比べ40人増えた。


 現職の下地氏が三選し「村政継続」を果たすか、新人の伊良皆氏が初当選し「村政刷新」なるか注目される。

 今年は村政100周年の節目を迎えることから、村の将来を展望する意味でも重要な選挙と位置づけられている。

 両氏とも離島の課題といわれる人口減少や航空路線の確保、農業後継者不足など、少子高齢化や農業振興、人材育成など幅広い分野での課題解決を公約に掲げ訴えてきた。

 下地氏は基本政策として▽島の振興▽心安らぐ保健・医療・福祉・子育て支援の推進▽教育・文化の振興と人材育成の推進▽環境整備と雇用の創出▽行財政改革の継続-などを示している。

 伊良皆氏は人づくり、ものづくり、健康づくりを重点に据え▽産業振興▽心豊かで個性が輝く人材づくり▽福祉・保健・医療の充実▽過疎対策▽豊かな村多良間の実現-などを訴えている。

 両陣営とも青年部や婦人部を中心に、公約の浸透を図りながら票固めを行っている。

 「2期8年間の実績を村民は知っている。勝算は十分にある」(下地陣営)、「村民の支持を感じて立候補した。手応えは十分だ」(伊良皆陣営)。それぞれ勝利に向けて揺るぎない自信を示している。

 投票は16日午前7時から午後7時まで。同村役場1階ロビーで。引き続き同場所で午後8時から開票作業が行われる。当落の判明は午後9時ごろになる見通し。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!