07/15
2024
Mon
旧暦:6月9日 友引 己 
教育・文化
2013年6月18日(火)9:00

平和の大切さ訴え/北中で集会

講師の上里さん、体験談語る


講話を熱心に聞き入る生徒たち=17日、北中学校の体育館

講話を熱心に聞き入る生徒たち=17日、北中学校の体育館

 23日の「慰霊の日」を控え、北中学校(亀濱敏郎校長)は17日、平和集会「南静園での戦争体験」を開いた。宮古退所者の会の上里栄さんが講話し、生徒427人に平和の大切さとハンセン病に対する正しい理解と偏見・差別の解消を訴えた。


 上里さんは少年の時、夜中父に連れられ、今まで見たことのない施設に入れられた。父が施設から離れていく時、少年が「お父さん」と叫んでも父は振り返ることはなかった。この施設は成長の段階で、国立療養所南静園であることを知った。

 1945(昭和20)年3月、入所者は日本軍の命令で追い出され、近くの海岸沿いの壕の中で避難した。

 上里さんは「多くの人が食糧不足による栄養失調やマラリア、赤痢で亡くなった。餓死が多かった。終戦を知らずに9月に南静園に戻った時には、少年舎にいた15、16人はいなくなっていた。亡くなったと思った。生きていたのは自分だけであった」と話した。

 「その後、退所するようになったが、仕事を探しても頼りになる人はおらず、大変苦労した。世の中には偏見・差別があった。皆さん、家に帰ったら家族などに『ハンセン病って怖くない』と伝えてください。そうすることで偏見・差別は無くなっていく」と強調した。

 子どもたちが生命の尊重や個人の尊厳、平和の尊さについて考え、郷土の歴史、沖縄戦の実相を学ぶことで、平和を愛し尊ぶ心をはぐくむとともに、次代の担い手として世界平和に貢献できる人材を育成するのが狙い。



記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!