08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
産業・経済
2013年6月20日(木)9:00

規格外マンゴー加工処理始動/今期は最大20㌧

ティダファクトリが市長に報告


加工処理のため冷蔵庫に貯蔵されている規格外マンゴー=19日、コーラル・ベジタブル

加工処理のため冷蔵庫に貯蔵されている規格外マンゴー=19日、コーラル・ベジタブル

 ティダファクトリの荷川取ゆり子社長と仕入担当の藤本和広さんが19日、市平良庁舎で下地敏彦市長に同ファクトリが20日からマンゴーの規格外品の加工処理を開始すると報告した。今期は20㌧の加工処理を行い、島内外に供給する。加工期間は7月25日までで、この間に材料となる規格外マンゴーを最大20㌧処理する。同ファクトリはマンゴー生産農家18軒らが出資して2月に設立した。加工処理をコーラル・ベジタブル社に委託して行う。原料となる規格外マンゴーは全島のマンゴー生産農家から受け入れる。


 宮古島産マンゴーは高品質を維持するため規格外品が出る。この規格外マンゴーの皮をむき、種抜きをした上で冷凍して供給する。供給先は島内や東京の老舗菓子メーカーにジュースや菓子の材料として供給する。

 同ファクトリの取り組みは、総生産量の約15%前後出る規格外マンゴーの供給過多による値崩れや廃棄を免れる上、「宮古島マンゴー」の名を冠した菓子が全国で発売されることで、知名度アップとブランド化に大きく貢献できると期待されている。

 下地市長は「高品質を維持するためには規格外品が出る。これをどう処理するかが大きな課題だった。ティダファクトリの取り組みは歓迎すべきもの。コーラル・ベジタブルの経営安定にもつながり、ありがたい」と述べた。

 規格外マンゴー買い取りの詳細は同ファクトリ仕入れ担当の藤本さん(電話080・6499・2004)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!