07/20
2024
Sat
旧暦:6月14日 先勝 甲 
産業・経済
2013年7月3日(水)9:00

郵便局で出荷式/マンゴー、パイン

生産農家品質に自信 福島や県内で展開


マンゴーを手渡しで積み込む関係者ら=2日、宮古郵便局

マンゴーを手渡しで積み込む関係者ら=2日、宮古郵便局

 宮古島の夏の味覚・マンゴーとパインの出荷が本格化したのを受けて2日、ゆうパック出荷式(日本郵便宮古郵便局、同宮古エリア主催)が同郵便局構内で行われた。職員や農家、行政の関係者らが出席し、宮古島産の「おいしさ」をアピール。併せて今後の販路拡大や生産振興を祈念した。


 宮古の11郵便局を合わせた今年のマンゴーの「ゆうパック」販売は、昨年の1万9947ケースより、25%多い2万5000ケースを見込む。パインは、前年並みの1000ケースを予測する。中元ギフトとして人気のマンゴーとパインのゆうパックは、県全域と福島県に今月いっぱい展開する。

 セレモニーでは、みつば保育園の園児たちが、踊りを披露し花を添えた。

 マンゴー農家代表の辺土名豊一さんは「今期のマンゴーは、南国の太陽の光を十分浴びて育った。食べた皆さんに幸せを感じてもらえると思う」と品質に自信を見せた。

 仲西正春宮古郵便局長は「生産者が栽培技術の向上に日々努力した結果、宮古島産ブランドが確立した」と評価。その上で、「今後ともマンゴーとパインの販路拡大の手助けをしていきたい」と意欲を見せた。

 日本郵便宮古エリア代表の古謝進上野郵便局長は「昨年から取り扱いを開始したパインは、予想以上に好評を博し、認知度が高まっている」と述べ、今後の生産拡大に期待を寄せた。

 長濱政治副市長は「小さな宮古の物産だが、大きな夏の贈り物として届けてほしい」と激励した。

 試食した園児たちは「おいしい」と笑顔いっぱい。みつば保育園の垣花昭子主任は「甘くて香りが良く、おいしい。宮古ならではの味」と太鼓判を押した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!