07/17
2024
Wed
旧暦:6月12日 大安 壬 
社会・全般
2013年10月17日(木)9:00

飢餓問題考える機会に/世界食料デー親子大会

Manamiさんがライブ


Manamiさん(左)の曲に合わせ踊る参加者たち=16日、市中央公民館

Manamiさん(左)の曲に合わせ踊る参加者たち=16日、市中央公民館

 世界食料デー第22回宮古大会の親子大会が16日、本大会開催前に市中央公民館で開かれた。保育園児らが「手話ソング」を披露したほか、日本国際飢餓対策機構親善大使で県出身歌手のManami(まなみ)さんによるミニライブ、同機構国内啓発総主事の田村治郎氏の講話などが行われた。

 親子大会は、感性豊かな子どもたちが飢餓問題に触れることで考える機会としてもらうことを目的に今年初めて開催された。

 「手話ソング」には、聖ヤコブ保育園と学童ずうずうクラブの園児、みつば保育園の園児とOBらが参加。この日のために練習してきた「一人の小さな手」と「小さな世界」の2曲を手話を交えながら歌った。

 Manamiさんはミニライブで5曲を披露。CM曲として耳なじみのある「ベストフレンド」では観客に振付を指導し、みんなで一緒になって踊った。曲間では、飢餓対策機構の活動を知ってから、飢餓問題に対して自分に何ができるか、どんな歌を歌えばこの問題を伝えることができるかを考え曲作りをしたことなどを紹介。「今回を機会に、いろいろなことを考えてほしい」と呼び掛けた。

 田村氏は、日本では当たり前のように食べている食事を食べられない子どもが世界にはいることを指摘。「ご飯を食べる前にお祈りをすると思うが、ありがとうの気持ちを忘れないで。併せて、今、食べられない子が食べれるように祈ってほしい」と呼び掛けるとともに、「その人たちのために何ができるか考えてくれるとうれしい」と語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!