07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
社会・全般
2016年9月9日(金)9:05

新社屋の落成を祝う/本社

平良社長「郷土発展に鋭意努力」


オープニングセレモニーでテープカットを行う(写真左から)佐平建設の佐平社長、本社の平良社長、真栄城顧問、山内会長、都一級建築士設計事務所の垣花社長=8日、宮古毎日新聞社新社屋・平良西里

オープニングセレモニーでテープカットを行う(写真左から)佐平建設の佐平社長、本社の平良社長、真栄城顧問、山内会長、都一級建築士設計事務所の垣花社長=8日、宮古毎日新聞社新社屋・平良西里

 宮古毎日新聞社(平良覚社長)は8日、新しい社屋の落成式典・祝賀会を平良西里の新社屋で行った。約100人が出席し、落成を祝うとともに、より読者に親しまれる新聞社に発展していくよう期待を寄せた。平良社長は「新社屋を拠点として、郷土の産業発展、福祉の向上、文化の振興に鋭意努力していきたい」と決意を述べた。同日は、関係者を招き内覧会も開催した。

 4階建ての新社屋は、1階に受付、総務部、経理部、広告部などの各部を設

祝賀会で新社屋の落成を祝い乾杯する出席者

祝賀会で新社屋の落成を祝い乾杯する出席者

け、2階は編集部、整理制作部、情報メディア室。3階は多目的室や会議室、資料室を配置し、4階は役員室などを設置した。

 式典では工事施工に携わった都一級建築士設計事務所(垣花正昭社長)、佐平建設(佐平八十男社長)、大和電工(宮里敏彦社長)に、本社の山内忠会長から感謝状が贈呈された。

 来賓の下地敏彦市長は「今後とも市民に愛される新聞社としてまい進してほしい」、時事通信社の大室真生社長は「読者の信頼を礎として発展することを期待する」とそれぞれ祝辞を述べた。

 引き続き行われた祝賀会は、琉球舞踊穂花会の亀浜律子さんによる「かぎやで風」で幕開け。シャンソン歌手の大地緑さんが歌を披露した。

 幕間には、本社の真栄城宏顧問、沖縄振興開発金融公庫の宮城健三理事、日本新聞協会の川嶋明専務理事、琉球新報社の富田詢一社長、沖縄タイムス社の武富和彦常務がそれぞれ乾杯の音頭を取った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!