2020年9月7日のニュース一覧

2020年9月7日(月) 17:48 [社会・全般]

【速報】新型コロナ 7日、宮古島市は新規感染ゼロか

 県は7日、新型コロナウイルスで、県関係で新たに19人の新規感染を確認したと発表した。このうち、居住者が宮古島市となっている新たな感染者はいなかった。


 同日は、沖縄本島の医療機関で治療を受けていた4人が亡くなったことも発表された。亡くなった4人は、いずれも70代以上。

2020年9月7日(月) 09:00 [社会・全般]

不納欠損1465件4093万円/市19年度一般会計決算

件数、金額とも大幅増/固定資産税が5割超


宮古島市の不納欠損額の状況

宮古島市の不納欠損額の状況

市の2019年度一般会計における不納欠損は件数で1465件、金額にして4093万円となり、前年度と比較すると件数で約2倍、金額で約3・2倍となっている。市議会9月定例会に提出される同年度決算書で分かった。不能欠損のうち、全体の5割を超える2166万円が固定資産税だった。市監査委員は、税負担の公平性を確保する上からも効果的な徴収対策を図るよう求めている。

(全文を表示…)

2020年9月7日(月) 08:59 [地域・暮らし]

公園やビーチに人出/県緊急事態宣言解除

小中学校の部活も再開/「体動かすと気持ち良い」


パイナガマ海空すこやか公園で元気に遊ぶ子供たち=6日、平良下里

パイナガマ海空すこやか公園で元気に遊ぶ子供たち=6日、平良下里

 県独自の緊急事態宣言が解除された6日、市内の公園やビーチでは家族連れや観光客などの人出が見られた。小、中学校の部活動も再開。平良第一小学校では同校野球チームが1カ月ぶりに練習に汗を流した。運動場には児童たちの元気な掛け声が響いていた。

(全文を表示…)

2020年9月7日(月) 08:58 [教育・文化]

規模縮小も神事は実施/多良間八月踊り

10日は両字で「手始め御願」


新型コロナの影響で規模縮小して行われる八月踊りに向け意見交換した塩川字会の役員会=5日、塩川集落センター

新型コロナの影響で規模縮小して行われる八月踊りに向け意見交換した塩川字会の役員会=5日、塩川集落センター

 【多良間】塩川字会(友利哲市会長)、仲筋字会(大城隆夫会長)はこのほど、24~26日に開催を予定していた八月踊りについて役員会を開いた。今年は、新型コロナウイルスの影響で、奉納余興は中止とするなど規模を縮小して開催することを改めて確認した。字会役員、二才頭(ニサイガッサ)、各座長らが参加し神事は行い、来年につなげていくことを確認した。祭りの成功を祈願する「手始め御願」は両字の御願所で10日に行われる。

(全文を表示…)