07/15
2024
Mon
旧暦:6月9日 友引 己 
農林・水産業
2023年7月6日(木)8:59

「スマート農業」着々/ドローンや大型農機駆使

女性のみでキビ植え付け/島尻の豊農産

 

98馬力の大型トラクターを女性2人で操っている=平良島尻

98馬力の大型トラクターを女性2人で操っている=平良島尻

農家の高齢化が進む中、ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して省力化・精密化や高品質生産を実現する「スマート農業」が注目されている。平良島尻の農事組合法人豊農産(辺士名忠志代表)ではドローンや大型農業機械を駆使してサトウキビの栽培に取り組んでいる。

辺士名さんが力を入れているのが女性の活用。「人手不足を打開するのがスマート農業。女性でもドローンだけでなく大型機械の操作は可能」との考えだ。今期、植え付けは女性のみで作業している。

豊農産では3人の女性がサトウキビ栽培に関わっている。1人は農業用ドローンのオペレーターライセンスを取得。昨年から実用化している。ドローンでの農薬散布は、従来の動力噴霧散布と比べて、時間・労力を約8分の1に削減できる。ドローンによる散布は労力をあまり必要とせず、女性向きとも言われている。

植え付けはハーベスターで刈り取った苗を大型トラクターに取り付けたビレットプランターと呼ばれる自動植え付け機で行っている。刈り取った苗をクレーン付きのトラックから吊り上げて、ビレットプランターに投入。トラクターの操作とサポートを女性2人で行っている。運転席にタッチパネルがあり、耕運の深さ、運転速度などを設定する。設定すれば、前後進とブレーキ、ビレットプランターの上げ下げのみの操作だけで済むという。

川田勝美さん(55)と仲宗根広江さん(55)は今年から作業に携わり、慣れない部分もあるが「女性だから無理ということはない。作業は楽しい」と話した。1日で2㌶の植え付けが可能だというが、現在の2人の目標は1日1・5㌶。

辺士名さんは「高齢化や農業離れなどで人手不足は深刻になっている。機械化することで、農業は『力仕事』ではなくなる。機械やドローンの扱いはむしろ女性の方が向いている。女性の活躍の場が農業でも広がっている」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!