2020年10月28日のニュース一覧

2020年10月28日(水) 15:31 [社会・全般]

【速報】新型コロナ 28日、宮古地区の新規感染は3人

 県は28日、新型コロナウイルスで、県関係で29人の新規感染を発表しました。このうち、宮古地区は飲食業の男性(40代と50代)、自営業の男性(80代)の3人です。


 圏域別では、宮古地区3人、八重山地区5人、沖縄本島地区21人です


 宮古地区での感染確認は16日連続で、感染累計は10月で47人、全体で95人となりました。


 宮古島市の下地敏彦市長は28日、ツイッターで、自身が受診した2回目のPCR検査の結果が「陰性」だったことを報告しています。

2020年10月28日(水) 15:19 [社会・全般]

【速報】下地敏彦市長、2回目のPCR検査も陰性

下地敏彦市長は28日、ツイッターで、自身が受診した2回目のPCR検査が「陰性」だったことを報告した。

2020年10月28日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

副市長と市議は陰性/市の幹部や取材記者も

市長はきょうにも判明/県議クラスター


県議の視察活動で開かれた市との意見交換会。この場にいた宮古関係者の多くが陰性だったことが分かった=20日、市役所平良庁舎

県議の視察活動で開かれた市との意見交換会。この場にいた宮古関係者の多くが陰性だったことが分かった=20日、市役所平良庁舎

県議会沖縄・自民会派所属の議員間で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)で、県は27日、宮古関係の濃厚接触者45人中、38人の陰性が確認されたと発表した。この中には長濱政治副市長や市議、市の幹部、取材記者全員も含まれる。下地敏彦市長の検査結果は28日以降に判明する。一方、県は27日の会見で下地市長を濃厚接触者と改めて認定。26日の会見では「濃厚接触者ではない」としていた。

(全文を表示…)

2020年10月28日(水) 08:59 [産業・経済]

大漁に満面の笑み/キハダマグロ次々水揚げ 佐良浜漁港


大物キハダマグロを水揚げする漁師=26日、佐良浜漁港

大物キハダマグロを水揚げする漁師=26日、佐良浜漁港

 佐良浜漁港に10月上旬から大物キハダマグロが久しぶりに次々と水揚げされ、活気付いている。漁師2人が1隻の小型漁船で操業し、2日間の漁獲量で販売額76万円を達成し、ホクホクの笑顔を見せていた。11月から本格的な大物キハダマグロ漁が始まる。

(全文を表示…)

2020年10月28日(水) 08:58 [地域・暮らし]

体育館を花いっぱいに/ひららスポーツクラブ

会員60人が植栽活動


体育館前のガジュマル周辺に苗を植える会員たち=27日、市総合体育館前

体育館前のガジュマル周辺に苗を植える会員たち=27日、市総合体育館前

 総合型ひららスポーツクラブ(垣花ヒデ子会長)は27日、市総合体育館周辺での美化活動と花の植栽を行った。同クラブの会員約60人が参加し、体育館前のガジュマルの周辺に色とりどりの花の苗を植えたほか、芝生周辺の雑草などを草刈り機を使って刈り取った。

(全文を表示…)