04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2010年5月10日(月)13:55

島言葉で文化学ぶ/県立博物館仲間さん講師

活動たたえ高里さんに感謝状

長年にわたり婦人会活動を支えた高里さん(左)に感謝状が贈られた

長年にわたり婦人会活動を支えた高里さん(左)に感謝状が贈られた

宮古島市(地区)婦人連合会は9日、下地農村環境改善センターで2010年度の定期総会を開いた。創立60周年の式典開催を含む同年度事業計画や歳入歳出予算を決定。「真に豊かで安心して暮らせる地域社会」の実現に向けて、会員一同が決意を新たにした。議事に先立ち、1984年から25年以上の長きにわたって婦人会活動に尽力してきた城辺学区の高里良美さんに感謝状を贈呈。島尻清子会長が手渡し、その労をたたえた。
 この後、10年度の新組織体制をはじめ同年度の事業計画案と予算案を審議し、全会一致で承認した。婦人問題ほか、暮らし、福祉の向上、青少年の健全育成、環境問題など、あらゆる分野の課題解決に向けて積極的な活動を展開していく。
 具体的な活動内容としては7月に演芸会を開催。婦人会の歴史を振り返る劇も予定している。60周年式典は11月28日に開催。新たな取り組みとしては視察研修を計画、会員相互の資質向上を図る。
 10年度予算は347万169円。歳入の補助金は宮古島市が94万7000円、多良間村が1万円の計95万7000円。市の補助金のうち74万4000円は各学区婦人会へ均等に配分され、残り20万3000円は連合会の活動費に充てられる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!