08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2010年6月27日(日)0:20

2010年 6月20日~6月26日

競り2カ月連続で中止/口蹄疫の影響
 口蹄(こうてい)疫問題で、県内の家畜競りは2カ月連続中止となった。防疫を重視して「やむを得ない判断」(県、JA関係者)だが、肉用牛競り農家は「1日も早い臨時競りの開催を望んでいる」と話し、経済的損失に強い懸念を示している。(6月20日掲載)
 
久松男子が9種目1位/夏季中学陸上
 第42回全宮古中学校夏季陸上競技大会が19日、宮古島市陸上競技場で行われ、各校の代表選手が各種目で健脚を競い合った。男子の部では久松が躍進、19種目中9種目で1位を獲得した。(6月20日掲載)
 
口蹄疫問題で対策をただす/市議会一般
 宮古島市議会6月定例会は21日、一般質問がスタート。初日は6人が登壇し、下地敏彦市長の政治姿勢や宮古島の畜産業にも影響を及ぼしている口蹄疫への対応策などをただした。(6月22日掲載)
 
120周年で式典と祝賀会/佐良浜小創立
 佐良浜小学校創立120周年記念式典と祝賀会が20日、同校体育館で行われた。関係者や来賓らが出席し歴史の節目を祝うとともに、さらなる飛躍を祈念した。児童会長の石川輝次朗君は「先輩たちが築いた伝統を受け継ぎ、何事にもチャレンジしていきたい」と喜びの言葉を述べた。(6月22日掲載)
 
下里公設市場9月に着工へ/市議会一般質問
 旧市場跡地への建設が決まっている下里公設市場の新築工事について、長濱政治副市長は22日の市議会一般質問で、今年9月から着工させる予定であることを明らかにした。土地所有者である下里字共同組合とは9月から賃貸契約を結ぶ予定だが、借地料については「現在、同組合と調整中」と語った。
(6月23日掲載)
 
肉用牛競り7月に再開/宮古は8日、30日
 宮崎で発生した口蹄疫の県内侵入を防ぐため、5、6月のすべての県内家畜競りを中止したJAおきなわとJA沖縄中央会らは23日、臨時の記者会見を開き、7月から県内家畜競りを再開すると発表した。宮古島市は7月8日と30日に、多良間村は同月9日に競りを再開する。(6月24日掲載)
 
遺族らが出席各地で慰霊祭/戦後65年の節目
 「慰霊の日」を迎えた23日、県内では各地で戦没者の冥福を祈った。宮古圏域でも平良、城辺、下地、上野、伊良部、多良間で追悼式・慰霊祭が行われ、遺族や各界代表らが哀悼の意をささげるとともに、戦後65年の節目に、戦いのない平和な世界の実現へ思いを新たにした。(6月24日掲載)
 
野菜ランドが島外へ初出荷/ホウレンソウ200キロ
 みやこ福祉会が運営する就労継続支援A型事業所「野菜ランドみやこ」は24日、ホウレンソウ約200㌔を初めて出荷した。この日は島外に向けて出荷したが、近日中には市内でも販売する予定。同事業所は一般雇用従業員として働く障害者15人がホウレンソウなどを周年栽培する。(6月25日掲載)
 
新宮古神社に護神霊を移す/厳かに遷座祭
 現神社に祭る「御神霊」を浄気に満ちた夜に新神社の本殿に移す本殿遷座(せんざ)祭が25日、厳かに行われた。神社に祭られているのは熊野三神と豊見親三神。関係者らが絹垣(絹のとばり)で囲んだ御神霊をたいまつをともして、行列をつくり新神社に移した。(6月26日掲載)
 
期日前投票に初日143人/参院選
 来月11日投開票の第22回参議院議員選挙の期日前投票が25日、宮古島市役所平良庁舎で始まった。初日は143人が投票した。宮古島市の有権者は4万2964人。(6月26日掲載)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!