06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
イベント 社会・全般
2010年6月12日(土)18:01

スツウプナカきょう本番/多良間豊年祭 漁や料理を作り準備

海で魚のうろこ取りをする男たち=11日、クディ浜

海で魚のうろこ取りをする男たち=11日、クディ浜

【多良間】多良間の豊年祭「スツウプナカ」は本番を翌日に控えた11日、準備の料理作りが行われた。古くから伝わるスツウプナカは、八月踊りと並ぶ島の一大行事。12日未明から始まる本番では「ヤッカ、ヤッカ」とはやし立て、神に豊年を祈願する。
 
 祭りの祭場はナガシガー、フダヤー、パイジュニ、アレーキの4カ所。
 
 各祭場のイム(海人)座の男たちは早朝から漁に出て、魚を大漁。料理担当のクバン座では、赤カマボコや刺身、揚げ魚など、ブシャ座ではミキ(神酒)をこしらえ、本番に備えた。
 
 フダヤーのイム座は、午前8時に出漁した。イラブチャーやタイ類、アイゴなど100㌔の大漁。漁は1週間前から始め、合計漁獲量は約500㌔だった。
 
 男たちは「今年も大漁。盛大に豊年祭ができる。今年の祭りは雨が多いので、豊年は間違いない」と笑顔だった。
 
 神酒づくりは、女性たちが担当。アレーキのブシャ座では、サツマイモを煮て液状に砕き麹を加え、約60㍑を作った。神酒をはやしながら回し飲みする。
 
 スツウプナカは1983年、村の無形民俗文化財に指定された。村を挙げた伝統行事には、島の成人男性のほとんどが参加するという。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!