08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
イベント 社会・全般
2010年6月12日(土)18:01

スツウプナカきょう本番/多良間豊年祭 漁や料理を作り準備

海で魚のうろこ取りをする男たち=11日、クディ浜

海で魚のうろこ取りをする男たち=11日、クディ浜

【多良間】多良間の豊年祭「スツウプナカ」は本番を翌日に控えた11日、準備の料理作りが行われた。古くから伝わるスツウプナカは、八月踊りと並ぶ島の一大行事。12日未明から始まる本番では「ヤッカ、ヤッカ」とはやし立て、神に豊年を祈願する。
 
 祭りの祭場はナガシガー、フダヤー、パイジュニ、アレーキの4カ所。
 
 各祭場のイム(海人)座の男たちは早朝から漁に出て、魚を大漁。料理担当のクバン座では、赤カマボコや刺身、揚げ魚など、ブシャ座ではミキ(神酒)をこしらえ、本番に備えた。
 
 フダヤーのイム座は、午前8時に出漁した。イラブチャーやタイ類、アイゴなど100㌔の大漁。漁は1週間前から始め、合計漁獲量は約500㌔だった。
 
 男たちは「今年も大漁。盛大に豊年祭ができる。今年の祭りは雨が多いので、豊年は間違いない」と笑顔だった。
 
 神酒づくりは、女性たちが担当。アレーキのブシャ座では、サツマイモを煮て液状に砕き麹を加え、約60㍑を作った。神酒をはやしながら回し飲みする。
 
 スツウプナカは1983年、村の無形民俗文化財に指定された。村を挙げた伝統行事には、島の成人男性のほとんどが参加するという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!