04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
社会・全般
2010年7月17日(土)14:59

深江橋が開通/上野宮国 南岸の観光振興支援

このほど開通した深江橋=上野宮国

このほど開通した深江橋=上野宮国

 宮古島一周道路の県道保良上地線で、上野宮国の深江湾に架かる「深江橋」がこのほど開通し、うえのドイツ文化村と前浜両観光地間の交通の利便性が増した。一周道路は土地収用手続き中の宮国集落南側を残すのみとなり、全面開通は2012年3月を目指す。 
 
 景 景勝地の東平安名崎やイムギャー、テーマパークのうえのドイツ文化村、砂浜の美しい前浜を結ぶ保良上地線は、観光振興支援を目的とする。

 
 橋の延長は51㍍。幅員が13・0㍍。歩道は片側で、5㍍と幅広い。事業費は3億円を投じた。
 橋の東と西側にはマイロード事業で、歩道と自転車専用道路(合計幅員9㍍)を整備した。緑豊かで海の見える同区間は絶好のサイクリングコースとなりそうだ。

 
 宮古島一周道路は、北海岸の保良西里線(32・1㌔)を皮切りに80年着工した。保良の海宝館前を起点とする保良上地線は、88年から始まり、友利までの区間(7・8㌔)は、94年に完了。現在、友利-上地区間(13・28㌔)で、宮国集落南側の300㍍を残すのみとなった。

 
 同区間については、相続者が多く、用地交渉が難航しているため、土地収用手続きを進めている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!